各地の歯科でレベルの高い治療が受けられる【デンタルヘルプ】

高い技術で治療する

矯正歯科治療はここ100年間でゆるやかに発展していった分野だと思います。ただし、当時と比べると矯正装置の種類も増え、治療に対する考え方は変化していったように感じます。 矯正装置でいえば「セルフライゲーションシステム矯正」のようなものは、画期的な発明とされて話題を集めました。ローフォース・ローフリクションテクニックにより、ゆるやかな力のほうが歯を動かしやすくなるとして従来の常識を覆したのです。 また、セルフライゲーションシステム矯正により、抜歯のリスクも低くなりました。日本人の顎は小さく、矯正治療には抜歯が必要不可欠とされていました。しかし、セルフライゲーションシステムによって抜歯のリスクが低くなったため、健康な歯を抜かなくても治療を行えるケースが増えたのです。このような矯正治療の変化によって、近年の治療技術はより高いものとなっているのです。

近年の矯正歯科治療では、審美性に優れた矯正装置が注目されているように感じます。審美性に優れている矯正装置は周囲の人から矯正装置のことを気づかれず、治療に専念することができるメリットがあります。大人の患者が大半を占める矯正治療ですから、生活スタイルに合わせた矯正装置を選択する人が多いようです。 また、従来の治療と比べて治療期間が短縮されるような装置にも人気が集まっています。矯正歯科治療は一般的な歯科治療の中でも長期化しやすい分野だと言われているので、治療中にかかる通院費用が抑えられるということでも注目されているのです。 人気が集まりやすい矯正歯科装置は患者の生活スタイルに合わせたものが多いです。よって、これからも特長的な矯正装置が開発されるものと予測しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加