各地の歯科でレベルの高い治療が受けられる【デンタルヘルプ】

なぜ汚くなるのか

なぜ歯が黄ばんでしまうのか

近年では、審美歯科治療としてホワイトニングが注目を集めています。このホワイトニングとは、薬剤を塗布することで黄ばんでいる歯を白くする治療のことです。 なぜ歯は黄ばむのかというと、主に加齢によるものです。元来、歯は外側に半透明のエナメル質、内側に象牙質という黄色い層があります。年齢を重ねるにつれて、歯の黄色い象牙質の部分だけが厚みを増していきます。それに反して、エナメル質は薄くなっていきます。その結果、歯が黄ばんで見えるようになります。 その他にも、コーヒー、赤ワイン、コーラ、カレーなど香辛料の強い食べ物を口にしていると、食品に含まれる色素で黄ばみます。何度もしっかり歯の表面を磨いても黄ばみが改善しない場合は、ホワイトニング治療が最適です。

歯科医院で行われるホワイトニングの種類

歯科医院で行われるホワイトニングは、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、自分で行うホームホワイトニングに分けられます。まずオフィスホワイトニングは、歯に白くするための専用の薬剤を塗布して、レーザーを当てる施術です。これで、歯の黄ばみを分解して美白効果を得られます。ホームホワイトニングは、一度の施術で高い効果を感じられます。 次にホームホワイトニングは、歯科医院でマウスピースを作成し、そこに専用の薬剤を入れて装着する治療です。ホームホワイトニングは、低濃度のホワイトニング剤を使用します。よって、即効性はないですが、自分の好きな時に行えるメリットがあります。なので、仕事で忙しい人に最適と言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加